そもそも青汁とは?

日本薬品開発株式会社 HOME そもそも青汁とは? なぜ大麦若葉なのか?

なぜ大麦若葉なのか?

無限の可能性を秘めた大麦若葉

なぜ大麦若葉なのか?

大麦は、ビールや麦茶の原料となるイネ科の植物として知られていますが、その穂よりも若葉の方に神秘的とも言える様々な有用成分や栄養素が含まれているのです。
中でも、私たちのからだを常にフレッシュな状態に保つSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やペルオキシダーゼなどの酵素活性は、他の緑色野菜に比べてはるかに高く、全体で数千種類とも言われる酵素の解明を目指して今も研究が続けられています。

搾ってこそ生きる 大麦若葉の力

大麦若葉は豊富なビタミン、ミネラルをはじめ、抗酸化フラボノイドやクロロフィルなど、多くの有用成分を含んでいますが、一般の食材として浸透しなかった原因はイネ科の植物に共通する非常に硬い繊維質にありました。

大麦若葉の栄養素や有用成分は、私たち人間が消化吸収することのできない硬い繊維質の中に存在し、若葉自体もそのままではとても食べられるものではありません。この類い稀な健康パワーを生かすためには青汁として搾り出し、繊維質を取り除くことが必要でした。

ギュッと搾った青汁にすることによって、大麦若葉のビタミン、ミネラルはもちろん、抗酸化フラボノイドをはじめとする有用成分が、私たちのからだに消化吸収されるようになったのです。

このページの先頭へ