当社のこだわり

日本薬品開発株式会社 HOME 当社のこだわり 製法

製法

素材の成分を生のまま活かせるこだわりの活性保存製法®

当社独自の製法「活性保存製法」。熱を加えずに直ちに粉末にすることにより、生きている素材の成分をより「生」に近い状態のままで製品化します。私たち人間には繊維質を分解する酵素がありません。繊維質を取り除き、青汁として搾り出すことにより、とても吸収されやすくなります。

活性保存製法のプロセス

活性保存製法のプロセス

活性保存製法のプロセス

厳正な品質管理:

大麦若葉の栽培管理や受入れ検査、洗浄水の管理と検査、大麦若葉エキスの検査、商品の検査等、50項目以上の検査による厳正な品質管理体制。

素材を活性のまま粉末化

素材を活性のまま粉末化

「素材に熱を加えず活性のまま粉末化」という言葉はイメージしにくいかも知れませんが、高さ18mのスプレードライタワーから霧状に飛ばされた搾汁に対し、瞬間的な風を当てることによって水分のみを蒸発させる製法です。

この活性保存製法のクライマックスともいえるスプレードライ(低温噴霧乾燥)のノウハウは非常に難しく、風の温度から風圧、風量、時間、どの部分においてもわずかな狂いが発生すると、素材の活性が低下したり、均一の商品をつくり出すことができません。

素材そのものの色や味、品質を損なわずに粉末化する「活性保存製法」は国内で初めて大麦若葉エキスの青汁をつくり出した製法にもかかわらず、未だに他社の追随を許さずオンリーワン品質を守り続ける、こだわりの製法と呼ぶにふさわしいものです。

当社のこだわり

このページの先頭へ