研究発表

日本薬品開発株式会社 HOME 研究発表 1981年

1981年|研究発表

1981
大麦若葉の青汁成分の研究(第10報) 抗炎症因子の検索について
日本薬学会 第101年会(熊本)

大麦若葉エキスより分画したP4-D1は、顕著な抗炎症作用をラットカラゲニン浮腫に対して示した。

大麦若葉の青汁成分の研究(第11報) 抗潰瘍因子の検索について
日本薬学会 第101年会(熊本)

大麦若葉エキスより分画したGM-P1、GM-P2、GM-P3は酢酸潰瘍に対して有効であり、P4-D1は経口投与で酢酸潰瘍に対して有効であり、皮下注射でストレス性潰瘍に対して抑制効果を示した。

大麦若葉の青汁成分の研究(第12報) 細胞核DNAの修復促進作用について
日本薬学会 第101年会(熊本)

大麦若葉エキスより分画したGM-P1、GM-L1、P4-D1は老齢マウスの精巣内体細胞における細胞核DNAの修復促進作用を示した。

大麦若葉の青汁成分の研究(第13報) 突然変異誘発物質を不活性化する酵素(ヘム蛋白質)の性質と機能
日本薬学会 第101年会(熊本)

大麦若葉エキスから分画した突然変異誘発物質を不活性化する蛋白質の性質、および2-AA に対する不活性化機構を示した。

年別アーカイブ

このページの先頭へ