研究発表

日本薬品開発株式会社 HOME 研究発表 1989年

1989年|研究発表

1989
大麦葉中の血糖降下成分について-インスリン非依存性血糖降下作用-
日本薬学会 第109年会(名古屋)

大麦若葉エキスより分画した水溶性分画GW中の血糖降下作用成分は、インスリン非依存性の細胞内へのグルコース取り込み促進作用をあらわし、その結果として血糖を降下させると考えられた。

大麦緑葉搾汁液のHIV-1感染に対する効果
日本感染症学会西日本地方会総会(大分)

大麦若葉エキスの水溶性分画(BLE)によるHIV-1感染細胞の応答現象は複雑であるが、高濃度のBLE存在下ではHIV-1の増殖を抑えた。

年別アーカイブ

このページの先頭へ