研究発表

日本薬品開発株式会社 HOME 研究発表 1995年

1995年|研究発表

1995
大麦若葉の青汁成分の研究(第38報) 抗酸化活性成分による生体内過酸化の抑制(3)
日本薬学会 第115年会(仙台)

大麦若葉エキスより精製したGIVはEPA及びDHAのフェントン反応による酸化に対して顕著な抑制効果を示すことを明らかにした。

大麦若葉の青汁成分の研究(第39報) 抗酸化活性成分による動脈硬化の抑制
日本薬学会 第115年会(仙台)

大麦若葉エキスより精製したGIVは、in vitroにおいてLDLに対して抗酸化活性作用を示すことから動脈硬化に対する抑制効果が示唆された。

大麦若葉の青汁成分の研究(第40報) 抗酸化活性成分によるビタミン類の安定化について
日本薬学会 第115年会(仙台)

大麦若葉エキスより精製したGIVは、ビタミンB2、ビタミンKの紫外線による酸化をpH3~9の広い範囲でコーヒー酸、アスコルビン酸よりも強く抑制することを示した。さらにビタミンCの酸化に対しても抗酸化効果が明らかにされた。

大麦若葉中に存在しているAminopeptidase B 阻害物質の鎮痛活性
日本薬学会 第115年会(仙台)

大麦若葉エキスより精製したアミノペプチダーゼB阻害物質は、マウスを用いた熱板法による鎮痛試験において腹腔内投与により強い鎮痛活性が認められた。

年別アーカイブ

このページの先頭へ