研究発表

日本薬品開発株式会社 HOME 研究発表 1996年

1996年|研究発表

1996
大麦若葉の青汁成分の研究(第41報) 大麦若葉の青汁成分による農薬の分解
日本薬学会 第116年会(金沢)

大麦若葉エキスは、殺虫剤として広く使用されている農薬マラチオンの分解に対して有効であることを明らかにした。

大麦若葉の青汁成分の研究(第42報) 抗酸化活性成分AO-2及びその性質
日本薬学会 第116年会(金沢)

大麦若葉エキスの抗酸化成分AO-2はDPPH系、PMS-NADH系、TBA系、キサンチン-キサンチンオキシダーゼ系に対して強い活性を示し、ビタミンCやビタミンK1の酸化に対しても強い抗酸化作用を示した。

酸化によるビールの劣化に対する2″-O-グルコシルイソビテキシンの抑制効果
日本農芸化学会1996年度大会(京都)

ビールの劣化にともないエタノールからアセトアルデヒドが生成されるが、大麦若葉エキスの抗酸化成分GIVはそれを抑制した。

大麦若葉の青汁成分による農薬の分解
日本農芸化学会1996年度大会(京都)

大麦若葉エキスは、殺虫剤として広く使用されている農薬マラチオンの分解に対して有効であることを明らかにした。

年別アーカイブ

このページの先頭へ