研究発表

日本薬品開発株式会社 HOME 研究発表 2014年

2014年|研究発表

2014
Effects of the smell of young barley grass on autonomic nervous system(大麦若葉エキスの香りが自律神経系に及ぼす影響)
第17回国際心理生理学会議(広島)

大麦若葉エキスの緑のにおいを暴露したときの自律神経系の機能に及ぼす影響について調べた結果、その反応の程度やパターンは被験者ごとに変動がみられるものの、副交感神経活動が亢進されていることが確認された。

大麦若葉エキスのマウス海馬BDNF mRNA発現量に与える影響と抗ストレス作用
日本薬学会 第134年会(熊本)

大麦若葉エキスの経口投与により、マウスの自発運動量及び海馬BDNF mRNA 量の減少が改善したことから、大麦若葉エキスは何らかの経路で脳に作用し抗ストレス作用を示す可能性が示唆された。

年別アーカイブ

このページの先頭へ